LCRマルチテスターのケーシング!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

“ケースに基板を実装すること”を勝手に”ケーシング”と自分の中で呼んでるだけです。

タケイムセン(電子部品屋さん)でこれを買った。

レジのところで、店員さんに、

「この液晶画面のガラスが、基盤面から少しはみ出ているせいもあって、液晶が割れやすいから気をつけてね」との説明を受けた。

とてもデリケートということ らしい。

店頭で手にとった時は剥き出しで使おうと考えてたけど、ケースを作って組み込むことにしました。

なんかないかな~と買ったパーツのストック袋を探すと、良さそうなケースを発見。

スケルトン仕様のケース路線でいきます。


ケースに組み込む前に、この”LCRマルチテスター”とやらをザクッと説明します。

左下の差し込むところ(ZIFソケット)に部品(FET/トランジスタ/コンデンサ/抵抗/インダクタ=コイル)を刺して右のボタンを押すと、

刺した部品がどんなものかを判断して、部品回路図を表示したり、部品の各値を調べてくれる優れもの。

トランジスタはNPNかPNPまで判別できるし、コンデンサ・コイルの容量もわかるし、抵抗は抵抗値がわかる。

動いてる写真はこの記事の後ろで見せます。


話をもどします。

並べてみる

横向きに入れるか入るなら縦向きに入れるか…

縦を試してみよう。

ぴったり

ピッタリさに感動を覚えるほどだったので、縦向きで。



基盤には4カ所取り付け用の穴があいています。

この穴の寸法を採寸します。

スペーサーを仮取付して、嵌まるか確認。

その後、ZIFソケットとボタンの穴を開けます。

くりぬくときは、ドリルで穴をたくさん開けて…
穴をペンチでカット
ボタンの穴ぼこもあけて、蓋の加工は完了。

丸穴は半月ヤスリで5mmのドリルから12mmまで地道に拡大…。
あー、テーパーリーマーほしい

工作趣味なのにまだ持ってないのかよ

その後買いましたぁ

干渉しちゃった部分があったので、蓋じゃない方を削りました。

オイオイ、ケガキミス(採寸ミス)してんじゃねえょ

うっかりナットの径を考慮するの、忘れていました(;’∀’)

削りくずがまとわりついてうっとうしいので、水洗い。

組み込んで完成。


ちゃんと出来ているかチェックします。

青いボタンを押すと電源が入ります。

おっ、バックライト付き!

電源OK。ZIFソケットに何も刺してないから、Unknown状態です。

ZIFソケットにとりあえずトランジスタ刺してみます。

トランジスタ
でました

エミッタ・ベース・コレクタといった極もわかります

LED刺してみると

LED

コンデンサ刺してみると

コンデンサ

いいツールになりそうです。

電池隠すために、パッケージのシール移植しました

P.S

後で調べてわかったんだけど、どうもコレ、Amazonとかで売ってる、LCR-T4(廉価版)っぽい。巷で有名みたい。

パーツ屋さんのためにも、Amazonじゃなくて大須で買いましょうね♪


(聞いた話)
いちいち作らなくても大須のボントンで専用ケース売ってるみたいです。
知らなかった…作らなくてもよかったじゃん

追記(すでに売り切れの場合があります)

タケイムセンさんが基板本体とケースセット売りになりました。このセット買ったら即使えます。(ボントンで買うかタケイムセンで買うかはあなた次第……)

もう一度言います。パーツ屋さんを応援するためにも、Amazonじゃなくって大須で買いましょうね♪

最後まで読んでいただきありがとうございました

Follow me!

投稿者プロフィール

大須依存症名古屋人
大須依存症名古屋人大須の赤門通と新天地通に毎日のように行ってるナゴヤジン。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください