XeonでECCメモリなマザボ購入

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

9月30日、増税前最終日。ECCメモリでXeonな中古のマザボを確保

大須のパウさんに行ってきた。

お目当てはこれだ。

ワークステーションから抜き取ったマザーボードみたいですわ。

CPUはCerelonでもPentiumでもCoreiシリーズでもなくXeon。

しかも4コア8スレッド。

あとメモリがECC

サーバー向きじゃん

ワークステーションは信頼性を普通のパソコンよりも高めた「業務用パソコン」のこと。

正真正銘の「サーバー」として売られているわけではないですが、現在の2代目自作サーバよりは圧倒的な信頼性が見込めそうなので導入します。

左の段ボール内に見本が入ってた。親切なお店だね。
購入前、見本品を眺める。PCIEいっぱい。
増税前に買っちゃいました。

もともとの筐体の製品ページ

https://www.lenovo.com/jp/ja/static/catalog/ws-2013-s30_cf_0918

2013年9月18日 発売とのことだ。

あわせて、2019年9月30日に保守活動停止とのこと。買った日やんけw

いつも通り、スペックとか書きます。

  • CPU:インテル® Xeon®プロセッサー E5-1620 v2 @3.7GHz
  • RAM:16GB(4GB x 4)(PC3-12800 ECC UDIMM)
  • USB3.0とか充実。 LANはGigabit Ethernet 1000BASE-T 対応。
IOパネル
  • 拡張スロット:PCIExpress x16(Gen3) ・PCIExpress x4 ・PCI
上の方
下の方
  • SATA
いっぱいある

外観はこんなもんかな。

10月9日、グラボ購入

このマザーボード、オンボードグラフィックがないのでグラフィックボード必須である。

余ってるパーツでマザボの動作確認できたけど、このマザー専用にグラボを確保したいなって思ってた。

大須行ったついでに、またパウさんに寄る。

またまたあ、お安い
こーにゅー
よしよしヾ(・ω・`)いいこだ。すんなり認識。

ここでひとつ気づいた。入れるPCケースがない。

取りあえずしまっておこう。

Amazon箱

この機種の癖。爆音CPUファン対処

マザー購入前にいろいろ調べていたら(Twitter)こんな情報をゲットした。

同マザーを購入された他の方に対し、界隈で有名な「ジャンクおじさん」が返信されている。


サーマルコントローラーなるものを装着しなければ、CPUファンの回転数が100%固定でうるさいようだ。

(それを承知で私もマザー買ったわけです)

また、購入したことをTwitterにつぶやいたところ

(ahirusanyakataは垢消ししちゃった、当ブログの前Twitter垢)

ジャンクおじさん、ありがとうございました。

人生初オークション

サーマルコントローラーはヤフーオークションで見つけることができた。

中古業者さん、ありがとうございました。

届いた
サーミスタではなく、ただのトランジスタらしい
ピントあってないけど。
実は本マザー用のピープスピーカーも同出品業者さんが扱っていたのでついで注文。

これを
こうさす
センサー部はCPUファンに結束バンドでくくっておこうか
スピーカーも接続しました。起動時など「ピッ」とでも鳴るかと思いましたが、装着後まったく音を発していません(;^ω^)
ケースがないのでまた仕舞って封印

ケースがないので放置プレイ( ;´・ω・`)

最後までご覧下さりありがとうございました。

Follow me!

XeonでECCメモリなマザボ購入” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください