ソフトあんか、分解。

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

2年前に家電量販店のワゴンセールで2000円で買ったソフトあんかを分解。

通電すると一部分だけものすごく熱くなり、危なそうと判断。捨てる前に分解してみたよ。

シーズンオフの保管状態が悪かったから(^^;

外側の布を取って、ビニールシート(多分内部防護&防水用)

ビニール取っ払います

ウレタン変色

壊れていなくても、ウレタンは熱で経年的に変色するもの。

さらにめくってみる

かなりシンプルな構成

いちばん変色してるところが、ちょうど、その超熱くなったポイントです。


他は配線に沿って変色(あたりまえ)

厚めのフェルトに電熱線ヒーターが挟まれています。
真ん中の黒いのがサーモスタット。上下の長い白いチューブは温度ヒューズ。上と右の短い白いチューブは電線とヒーター線との繋ぎ目ハンダ部。

温度ヒューズ。

ここが熱くなったポイント

裏面

チューブから電線はみ出してる(-_-;)

こういう風にクローゼット内で折り曲げられてた

パックリするのも納得かも(^^;

外側のAC耐熱コードHVFFと内部電線との接合部は閉塞端子による圧着接続

熱くなったとこウレタン拡大

HVFFなので耐熱

2017年製

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください